子育てマップ北九州

台所薬局

今月のテーマは野菜を沢山使ったスピード料理!
2011年02月

いつもの定番レシピにひと工夫するだけですごく簡単でおいしくなるレシピを紹介します。前回に引き続き低カロリーなので肥満症の方や糖尿病の方もおいしく食べていただけると思います。今回のレシピは和食ですが、実は和食は砂糖を使う料理が多いんです。

そこで今回は白砂糖について少し話したいと思います。普段家庭で食べる料理や外で食事をする時も、誰もがほぼ日常的に摂取しているこれらの食材には、あたりまえに砂糖使われています。だけど、私たちが生活するのにどうしても必要なものでしょうか?もちろん砂糖は炭水化物で、体にエネルギーや熱を与え、その結果、体を動かす燃料になります。体が使える以上の炭水化物を摂取すると、余った分は脂肪になります。

 さて、体がエネルギーを必要とするのに、なぜ砂糖を食べすぎてはいけないのでしょうか。問題は砂糖が他の炭水化物と異なり、タンパク質も無機質もビタミンも含まれていないということです。カロリー以外の何の栄養分もないのです。あるのはカロリーだけです。砂糖大さじ一杯(15グラム)の中に、60カロリーが含まれています。砂糖には、果物や野菜などのような栄養価の高い食品としての役割は全くありません。・・でも、やっぱり甘いものは切っても切れないようなものですよね。料理に甘さが欲しい場合や糖質制限をされていてカロリーが気になる方は、スーパーでもよく見かけますが砂糖の代わりになるカロリーがゼロの自然派素材の甘味料が売られているので使ってみてはいかがですか?栄養価を考えて精製されてない黒砂糖を選んでみませんか?^^


 

レシピ一覧

profile

魚本 藍(うおもと あい)

料理上手な祖母のもと、幼い頃から魚や野菜を中心とした家庭料理に親しむ。
カナダ、ニューヨークでの語学留学で、食生活が変わった事で体調不良になり、食べ物が体調が良くも悪くも変える事を体感し、食の大切さを知った事をきっかけにオーガニックや、スローフード、マクロビオテックに興味を持ち、日々、料理の研究中!
家族が美味しく安心して食べれられる料理をモットーに大好きな地元、北九州市で採れた食材や季節のもとを食卓でつかうことを提案しています。

Copyright (C) 2010- 子ども家庭局総務企画課・運営 NPO法人子ども未来ネットワーク北九州 all rights reserved. ax