ヘッダーロゴ

「身体地図情報検索システム」を産業技術総合研究所様が開発しました

産業技術総合研究所の研究グループが、「身体地図情報検索システム」というソフトウェアを開発されました。

--HPより引用--

  身体地図情報検索システム 画面 身体地図情報検索システム(Bodygraphic Information System)
本ソフトウェアは、2006年より国立成育医療センターで収集した身体上の傷害部位のデータから、条件(例:「性別」が「男」、「怪我の種類」が「熱傷」など)を設定して検索を行えるソフトウェアです。設定した条件の場合、体のどの部位に怪我をすることが多いのか、といったことを調べることができます。

 Windows用のソフトウェアです。興味のある方はCIPEC|Projectのホームページをご覧下さい。

PC用サイト

ホームへ戻る

このページのトップへ