子育てマップ北九州

« おでかけ
赤ちゃんの食事 »

ストレスを感じたら [0〜1歳のお子さん]

■赤ちゃんが泣き止まなくてイライラしてしまったら

 赤ちゃんが泣き止まないとき、ついイライラして自制心を失ってしまいそうになることは誰にもあります。
 オムツを替えたり、おっぱいを飲ませたり、抱っこしたり、静かな環境にしたり、考えられる全てのことをしても泣き止まないとき、お母さんやお父さんは自制心を失わないように落ち着くことが大切です。深呼吸をしたり、赤ちゃんを安全なところに寝かせていったんその場から離れたり、誰かと言葉を交わしたり、区役所の保健師や、かかりつけの小児科医等に相談してみましょう。

■ 親のストレス発散
  ~お母さん自身がゆとりをもつことは、楽しい子育てにつながります~

○家に閉じこもっての子育てを避けましょう

 公園でお友達をみつけたり、市民センター等での育児サークル・フリースペースを利用しましょう。また、お父さんやおじいちゃん、おばあちゃんにも気軽に応援を頼めるような子育ての環境を日頃から作っておきましょう。

○ お母さんも一人の人間として、他の生きがいや楽しみを探しましょう

 お母さん自身が幸せで自分を愛することができないと、子どもを愛し、かわいいと思えなくなります。お母さんであることが全てでなく、女性であり、妻であり、社会人であり、その中の一つがお母さんぐらいに考えるのはどうでしょうか。お母さん自身が、自分のための活動やいきがい探しをできることから少しずつ始めてみるといいでしょう。

○ゆとりを戻すために

① 70%できれば上出来と思う
②待てることはあせらず待つ
③他人の助けを多く借りる
④好きなこと・自信のあることを大切に
⑤時には自分自身のためにも時間やお金を使う
⑥1日1回は心からリラックスを
⑦「べきである」「ねばならない」をやめる
⑧他人の言葉に振り回されない
 自分の子育てに自信を持とう
⑨「親が子どもに関われる期間は短い」と思う
⑩ほかの子どもと比べない

○とりあえずやってみましょう

 憂うつな気分やイライラから脱出するには、行動を変えるのが一番。散歩やおしゃべり、ストレッチ運動等気分を変え、意識的にリラックスすることです。頑張ったと思うときには、自分にご褒美を上げましょう。

« おでかけ
赤ちゃんの食事 »
Copyright (C) 2010- 子ども家庭局総務企画課・運営 NPO法人子ども未来ネットワーク北九州 all rights reserved. ax