子育てマップ北九州

« 赤ちゃんの食事
離乳食の作り方 »

離乳食の進め方の目安 [0〜1歳のお子さん]

離乳食進め方.jpg

 

月齢5,6ヶ月頃

回数

離乳食 1回→2回
母乳  子どもの欲するままに与える
育児用粉ミルク 子どもの欲するままに与える

食べ方の目安

○ 子どもの様子をみながら1 日1回1さじずつ始める。
○ 母乳やミルクは飲みたいだけ与える。

離乳食の進め方

☆離乳の開始後1か月間は・・

 ・1日1回、昼前後の授乳時刻に(子どもの機嫌が良い時間等を選んで)与えます。
 ・アレルギーの心配の少ないおかゆ(米)から始めます。新しい食品を始める時は1さじずつ与え、子どもの様子をみながら量を増やしていきます。
 ・母乳または育児用ミルクは子どもの欲するままに与えます。
 ・慣れてきたら、じゃがいもや、野菜、果物、さらに慣れたら、豆腐や白身魚など、種類を増やしていきます。

☆離乳を開始して1か月を過ぎたころからは・・

 ・1日2回にします。
 ・母乳または育児用ミルクは離乳食の後に与え、それとは別に母乳は子どもの欲するままに、育児用ミルクは1日3回程度与えます。

月齢7、8ヶ月頃

回数

離乳食 2回
母乳  子どもの欲するままに与える
育児用粉ミルク 離乳食後と別に3回程度

食べ方の目安

○ 1日2回食で食事のリズムをつけていく。
○ いろいろな味や舌ざわりを楽しめるように食品の種類を増やしていく。

離乳食の進め方

・1日2回食で、食事のリズムをつけていきます。
・この時期には穀類、野菜・果物、たんぱく質性食品を組み合わせた食事にしましょう。
・家族の食事から調味する前のものをとりわけたり、薄味のものを適宜取り入れ、食品の種類や調理方法が多様となるよう工夫しましょう。調理の形態を舌でつぶせる固さのものにしましょう。

月齢9,10ヶ月頃

回数

離乳食 3回
母乳  子どもの欲するままに与える
育児用粉ミルク 離乳食後と別に2回程度

食べ方の目安

○ 食事のリズムを大切に、1日3回食にすすめていく。
○ 家族一緒に楽しい食卓体験を。

離乳食の進め方

・1日3回食にすすめて、食事リズムをつけ、生活リズムを整えていきましょう。
・食欲に応じて量を増やしていきましょう。
・鉄分の多い食品をとるように心がけましょう。
・家族と一緒の食事や、手づかみ食べ(自分で食べる)などで食べる楽しさの体験を増やしていきましょう。
・調理の形態を歯ぐきでつぶせる固さのものにしましょう。

月齢12ヶ月から18ヶ月頃

回数

離乳食 3回
母乳  離乳の進行、完了の状況に応じて与える。
育児用粉ミルク 離乳の進行、完了の状況に応じて与える。

食べ方の目安

○ 1日3回の食事のリズムを大切に、生活リズムを整える。
○ 自分で食べる楽しみを手づかみ食べから始める。

離乳食の進め方

☆離乳の完了とは・・・ 

 形のある食物をかみつぶすことができるようになり、エネルギーや栄養素の大部分が、母乳または育児用ミルク以外の食物からとれるようになった状態をいいます。

・食事は1日3回、その他に1日1~2回の間食を目安とします。
・咀しゃくする力は3歳頃までにつくので、ひきつづき噛むトレーニングをしましょう。
 自分で食べることに興味がでてきたら、積極的に試みさせ、食事の自立を心がけましょう。

成長の目安

◎成長曲線のグラフに、体重や身長を記入して、成長曲線のカーブに沿っているかどうか確認しましょう。(母子健康手帳参照)

《食品の種類と組み合わせ》

1 離乳の進行に応じて、食品の種類をふやしていく。
2 新しい食品を始める時は一さじずつ与え、子どもの様子を見ながら量を増やしていく。
3 たんぱく質は卵は卵黄(固ゆで)から全卵へ、魚は白身魚から赤身魚、青身魚へと進めていく。
  ヨーグルト、脂肪の少ない鶏肉、豆類と、種類を増やしていく。脂肪の多い肉類は少し遅らせる。
4 野菜類には緑黄色野菜も用いる。
5 9 ヶ月以降は鉄が不足しやすいので、赤身の魚や肉、レバー等を取り入れ、調理用に使用する牛乳・
  乳製品のかわりに育児用ミルクを使用するなど工夫する。
6 フォローアップミルクは母乳または育児用ミルクの代用品ではない。必要に応じて(離乳食がすすまず
  鉄の不足のリスクが高い場合など)使用するのであれば9 ヶ月以降とする。
7 離乳の進行に応じてベビーフードを適切に利用できる。
8 はちみつは乳児ボツリヌス症予防のために満1歳までは使わない。

《調理形態・調理方法》

1.米がゆは、口の中で押しつぶせるよう十分煮る。
  はじめは「つぶしがゆ」とし、慣れてきたら粗つぶし、つぶさないままへと進め、軟飯へと移行する。
2.野菜類やたんぱく質性食品は、初めはなめらかに調理し、次第に粗くしていく。
3.離乳開始頃は、調味料は必要としない。進行に応じて、食塩、砂糖などを使用する場合は、それぞれ
  の食品のもつ味を生かしながら、薄味でおいしく調理する。油脂類も少量の使用とする。
4.子どもは細菌への抵抗が弱いので、衛生面に十分に配慮する。

« 赤ちゃんの食事
離乳食の作り方 »
Copyright (C) 2010- 子ども家庭局総務企画課・運営 NPO法人子ども未来ネットワーク北九州 all rights reserved. ax