子育てマップ北九州

« 働く女性・男性のための出産、育児に関する制度
お母さんのこころとからだ »

手続き・支援制度 [赤ちゃんこんにちは(出産したら)]

■出生届

出生した日から14 日以内に出生届をしましょう。

○届出する人 父母
○場   所  子の本籍地か出生地、届出人の住所地の区役所市民課・出張所
○必要な書類 届出人の印鑑、母子健康手帳、国民健康保険被保険者証(国民健康保険加入の場合)

お問合せは区役所市民課・出張所

■出産育児一時金

医療保険の加入者が出産したときに支給します。
手続きについては、各種社会保険の場合は勤務先、国民健康保険の場合は区役所国保年金課へ。

お問合せは区役所国保年金課へ (国民健康保険加入の場合)

■国民健康保険料の多子減免

国民健康保険加入世帯で18歳以下の子どもが2人以上いる一定所得以下の世帯は、申請により国保料の一部が減免されます。
なお、対象世帯には区役所から申請書(ハガキ)が届きますので、申請のため、区役所に来庁する必要はありません。            

■乳幼児等医療

乳幼児等の健康の保持と健やかな育成を図るため、保険診療にかかる医療費の自己負担分を助成します。

○対象者 
次のいずれにも該当する人です。
・ 北九州市に住所を有する中学校3年生まで(15歳に達する日以後の最初の3月31 日まで) の乳幼児等
・国民健康保険の被保険者又は各種社会保険の被扶養者であること
・ 3 歳以上の乳幼児等の生計維持者の前年所得が一定限度額未満であること。なお、2人以上の子どもがいる世帯は申請により所得制限を免除します。(3歳未満の乳幼児は所得制限なし)
・生活保護を受けていないこと。
○医療費の助成範囲 
医療費のうち、0歳から小学校就学前(6歳に達する日以後の最初の3月31 日まで)の乳幼児の場合は、保険診療による通院・入院医療費の自己負担額を助成します。小・中学生の場合は、入院医療費のみ助成します。
なお、小・中学生については、1医療機関あたり入院1日500 円(月3,500 円まで)、標準負担額(入院時食事代)は除きます。
○申請に必要なもの
・健康保険証(乳幼児の名前が記載されているもの)
・印鑑
* 乳幼児の生計維持者が市外から転入した場合、又は市外に住所を有する場合は「所得額証明書」が必要です。
* 出生日から1か月以内に申請すれば、出生日から有効の医療証を交付しますが、1か月を経過すると申請月の初日以前の医療費は助成できません。お早めに申請してください。
* 健康保険の種類、記号、番号等が変わったときは、必ず届出してください。変更の届出が無い場合、助成を受けられないことがあります。

■未熟児養育医療

出生児の体重が2,000 g以下、又は特に生活力が薄弱で呼吸不全等の症状がある未熟児のために、指定医療機関で養育に必要な医療給付を行っています。(所得に応じた自己負担あり)

■子ども手当(H24.3月分まで)

15 歳到達後最初の3月31 日までの間にある児童(中学校3年生までの児童)を養育している方に子ども手当を支給します。

○手当を受けられる人
15 歳到達後最初の3月31 日までの間にある児童(中学校3 年生までの児童)を養育している方
○手当の額
一人につき3歳未満 月額 15,000円
     3歳以上~小学校修了前 月額 10,000円(第3子以降は15,000円)
     中学生  月額 10,000円
所得制限限度額以上の所得がある場合は、児童の年齢区分にかかわらず、一人につき月額5,000円となります。
支給は6月、10月、2月で、それぞれの前月分までを銀行口座に振り込みます。
○申請に必要なもの
・ 国民健康保険加入者以外は健康保険証の写し
・受給者名義の銀行預金通帳等、口座番号が確認できるもの (普通預金に限ります)
・印鑑
・その他必要な書類
* 手当の支給は、申請した日の翌月分からです。(生まれた日の翌日から15 日以内に申請すれば、生まれた日の翌月分から)手続きが遅れた場合はその分の手当が支給されません。早めに請求してください。

お問合せは区役所子ども・家庭相談コーナー

■新生児聴覚検査事業(一部助成あり)

聴覚障害の早期発見・療育を目的とした新生児に対する聴覚検査を行っています。聴覚障害が発見された場合、関係機関と連携し、早期療育を開始するための支援をします。北九州市内の指定医療機関で生後27 日以内に検査をした場合、費用の一部を北九州市が公費で助成します。

■先天性代謝異常等検査(採血料/有料、検査料/無料)

フェニールケトン尿症等の治療可能な代謝異常を早く見つけて脳の障害が起こらないうちに治療を開始する目的で行っています。赤ちゃんが生まれて5~7日目に足の裏からごく微量の血液を採取して検査をします。検査希望の方は医療機関へお申し込みください。検査の結果は主治医からご連絡します。

■のびのび赤ちゃん訪問事業

生後4か月までの赤ちゃんのいる全ての家庭を対象に区役所の保健師や助産師等の専門職が訪問し、赤ちゃんの健康状態、育児や産後の生活等について、幅広く相談に応じます。また専門職による訪問を希望されない場合は、地域の主任児童委員が子育て情報の提供を兼ねて訪問します。
出産後に母子健康手帳に綴じこまれている「出生連絡はがき」をご記入の上、忘れずに送付してください。
また乳幼児健康診査の結果や育児の相談があった場合、保健師等が訪問し、相談に応じています。「子育て」について悩みやお困りの点がございましたらお気軽に相談ください。

お問合せは区役所健康相談コーナー

« 働く女性・男性のための出産、育児に関する制度
お母さんのこころとからだ »
Copyright (C) 2010- 子ども家庭局総務企画課・運営 NPO法人子ども未来ネットワーク北九州 all rights reserved. ax