ヘッダーロゴ
« 手続き・支援制度
妊娠中の食事 »

すこやかな妊娠と出産のために

日常生活・栄養・環境その他いろいろな点でよく分からないことがあれば、かかりつけ医か区役所健康相談コーナーに電話等で相談しましょう。保健師、栄養士が適切なアドバイスをします。

■妊娠中の日常生活

妊娠中の母体には、おなかの赤ちゃんの発育が進むに応じていろいろな変化が起こってきます。特に妊娠11 週(第3月)頃までと28 週(第8月)以降は、身体の調子が変動しやすい時期ですから、仕事の仕方や休息の方法(例えば家事や仕事の合間に午前と午後に1回ずつ、少しの時間でも横になって休むことなど)、食事のとり方などに十分注意してください。

■健康診査は必ず受けましょう

妊娠中は、普段より一層健康に気をつけなければなりません。
特に気がかりなことがなくても、身体にはいろいろな変化が起こっています。少なくとも毎月1回(妊娠24 週(第7月)以降には2回以上、さらに妊娠36 週(第10 月)以降は毎週1回)医療機関等で健康診査を受けて、胎児の育ち具合や血圧・尿等の状態を診てもらいましょう。特に注意しなければならないのは貧血、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病であり、どれも胎児の発育に影響し、母体の健康を損なうことがあります。
また、妊娠21 週までは流産の、妊娠22 週以降は早産の危険性にも注意しなければなりません。そのためにもきちんと健康診査を受診し、医師の指導を守りましょう。
(仕事が休みづらい等で困った時は、10貢をご覧ください。)

■注意したい症状

次のような症状が出たら早く医師に相談しましょう。

むくみ・性器出血・腹痛・発熱・下痢・頑固な便秘・普段と違ったおりもの・強い頭痛・めまい・はきけ・嘔吐・つわりで衰弱がひどい・イライラしたり、動悸が激しく、不安感が強い・今まであった胎動を感じなくなったとき等

■専門家の保健指導を受けましょう

健康で無事なお産を迎えるためには、日常生活・栄養・環境その他いろいろなことに気を配る必要があります。医師・歯科医師・助産師・保健師・歯科衛生士・栄養士等の指導を積極的に受け、妊婦や出産に関して悩みや不安があるときは遠慮せずに相談しましょう。母親学級・両親学級の中でも役に立つ情報を提供しています。

■薬の影響について

妊娠中の薬の使用については、事前にその必要性、効果、副作用等について医師・歯科医師及び薬剤師から十分説明を受けましょう。また、指示された用量・用法を守りましょう。出産時に使用される医薬品についても、その必要性、効果、副作用等について医師から十分な説明を受けましょう。

* 「妊婦と薬情報センター」において、妊娠中の薬の服用に関する情報提供が実施されていますので、主治医とご相談ください。
http://www.ncchd.go.jp/kusuri/index.html

*独立行政法人医薬品医療機器総合機構のWebサイト
http://www.info.pmda.go.jp/から、個別の医薬品の添付文章を検索することができます。
 

■歯の衛生(虫歯や歯周病について)

虫歯や歯周病等の病気は、妊娠中に悪くなりやすいものです。歯磨きなど口の中の清潔に十分心がけるとともに、つわりの時期が終わったら、歯科検診を受けましょう。歯科医師にかかるときは、妊娠中であることを話してください。

■たばことお酒の害から赤ちゃんを守りましょう

妊娠中の喫煙は、胎児の発育を遅延させ、妊婦や赤ちゃんのそばでの喫煙は乳幼児突然死症候群(SIDS)と関係することが知られています。妊婦自身の禁煙はもちろんのこと、お父さんなど周囲の人も、妊婦や赤ちゃんのそばで喫煙してはいけません。出産後に喫煙を再開してしまうお母さんもいます。出産後もお母さん自身やお子さんのためにたばこは控えましょう。
また、アルコールも胎盤を通過しやすく、胎児の発育に影響を及ぼします。妊娠中や授乳中は飲酒を控えましょう。

■妊娠中のシートベルト着用について

妊娠中も、シートベルトを正しく着用することによって、交通事故に遭った際の被害から母体と胎児を守ることができます。ただし、シートベルトを着用することが健康保持上適当でない場合は着用しなくてもよいこととされていますので、医師に確認するようにしましょう。妊娠中にシートベルトを着用する場合には、事故などの際の胎児への影響を少なくするために、妊娠していないときとは異なるシートベルトの着用の方法が必要です。

■母乳のすすめ

赤ちゃんに一番適している栄養は何といっても母乳です。妊娠中から母乳で育てようという心構えをもって、胎動を感じたら、乳房や乳首の手当を始めましょう。授乳は赤ちゃんの発育に良いだけではなく、出産後の母体(子宮)の回復も促進します。

« 手続き・支援制度
妊娠中の食事 »

PC用サイト

ホームへ戻る

このページのトップへ