ヘッダーロゴ
« すこやかな妊娠と出産のために
お父さん出番ですよ!~もうすぐお父さんになるあなたへ~ »

妊娠中の食事

■ 妊娠中の体重増加は、お母さんと赤ちゃんにとって望ましい量に

胎児の発育による適正な体重増加が必要で、太りすぎもやせすぎもよくありません。望ましい体重増加量は、妊娠前の体型によっても異なります。食事の内容、とり方、生活の仕方を考えて体重の増え方が順調か見守りましょう。
※ 下記「妊産婦のための食事バランスガイド」をご覧ください。

■妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の予防のために

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の予防のためには、睡眠・休養を十分にとり、過労をさけ、肥満を防ぎ、望ましい体重増加になるように心がけましょう。毎日の食事はバランスのとれた内容とし、砂糖、菓子類は控えめにし、脂肪の少ない肉や魚、そのほか乳製品、豆腐、納豆など良質のたんぱく質や、野菜、果物を適度にとり、塩味は薄くするようにしましょう。

■丈夫な歯をつくるために

生まれてくる赤ちゃんの歯を丈夫にするためには、カルシウムだけではなく、たんぱく質、リン、ビタミンA・C・Dの栄養素を含む食品をバランスよくとることが大切です。

■神経管閉鎖障害の発症リスク低減のために葉酸を

神経管閉鎖障害は、妊娠初期の段階で、赤ちゃんの脳や脊髄のもとになる神経管と呼ばれる部分がうまく形成されないことによって起こります。
発生を減らすためには、妊娠前から妊娠初期の葉酸摂取が重要であることが知られています。 
葉酸は緑黄色野菜など、身近な食品に多く含まれていますので、日頃から積極的にとるように心掛けましょう。
必要に応じて、葉酸の栄養機能食品を妊娠前から利用することもすすめられます。

■魚介類に含まれる水銀について

魚介類は良質なたんぱく質や微量栄養素を多く含み、健やかな妊娠と出産に重要な栄養のバランスの良い食事には欠かせないものです。積極的に食事に取り入れましょう。
ただし、一部の魚介類には、自然界の食物連鎖を通じて、残留する水銀濃度が高いものがあり、妊婦を通じて胎児に影響がある恐れがあるという報告もあります。一部の魚ばかりにかたよって毎日たくさん食べることは避けましょう。
妊娠に気がついてから食生活に気をつければ心配ありません。詳しい情報は、厚生労働省ホームページでも紹介しています。

■食中毒予防について

食中毒は、妊婦や赤ちゃんに影響がでることがあります。特に妊娠中は、一般の人よりもリステリア菌に感染しやすくなります。日頃から食品の取扱いに注意し、食べる前に十分加熱するようにしましょう。 

妊娠と食事についての詳しい情報は厚生労働省ホームページ「これからママになるあなたへ」に掲載されています。
http://www.mhlw.go.jp/topics/shyokuchu/06.html

 

 

 

妊産婦のための食事バランスガイド

「食事バランスガイド」ってなぁに?

「食事バランスガイド」とは、1日に「何を」「どれだけ」食べたらよいかが一目でわかる食事の目安です。
「主食」「副菜」「主菜」「牛乳・乳製品」「果物」の5グループの料理や食品を組み合わせてとれるよう、コマにたとえてそれぞれの適量をイラストでわかりやすく示しています。

妊娠前から健康なからだづくりを

 妊娠前にやせすぎ、肥満はありませんか。健康な子どもを生み育てるためには、妊娠前からバランスのよい食事と適正な体重を目指しましょう。

「主食」を中心に、エネルギーをしっかりと

 妊娠期・授乳期は、食事のバランスや活動量に気を配り、食事量を調節しましょう。また体重の変化も確認しましょう。

不足しがちなビタミン・ミネラルを、「副菜」でたっぷりと

 緑黄色野菜を積極的に食べて葉酸などを摂取しましょう。得に妊娠を計画していたり、妊娠初期の人には神経管閉鎖障害発症リスク低減のために、葉酸の栄養機能食品を利用することも勧められます。

⟨葉酸を多く含む食品例⟩ ほうれん草・ブロッコリー・いちご

からだづくりの基礎となる「主菜」は適量を

 肉、魚、卵、大豆料理をバランスよくとりましょう。赤身の肉や魚などを上手に取り入れて、貧血を防ぎましょう。ただし、妊娠初期にはビタミンAの過剰摂取に気をつけて。

※注)動物性由来のビタミンAの過剰摂取は、胎児の催奇形性の危険性があると言われています。ビタミンAの多い食品(レバーなど)は適量を心がけましょう。

牛乳・乳製品などの多様な食品を組み合わせて、カルシウムを十分に

妊娠期・授乳期には、必要とされる量のカルシウムが摂取できるように、偏りのない食習慣を確立しましょう。

⟨カルシウムを多く含む食品例⟩牛乳・チーズ・小松菜・豆腐・納豆

貧血予防のために

貧血を防ぐためには毎日栄養バランスのとれた食事をきちんとすることが大切です。良質のたんぱく質、鉄、ビタミンなどを多く含む食品を上手にとり入れましょう。

⟨鉄を多く含む食品例⟩レバー・ほうれん草・ひじき・高野豆腐・赤身の肉魚

<食事バランスガイドの詳細>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou-syokuji.html

« すこやかな妊娠と出産のために
お父さん出番ですよ!~もうすぐお父さんになるあなたへ~ »

PC用サイト

ホームへ戻る

このページのトップへ