ヘッダーロゴ
« 病気のサインとアドバイス
支援制度 »

子どもの成長カレンダー

さあ、「おしゃまさん」「やんちゃくん」を相手にドタバタ子育て突入です。

 

1~3歳.jpg

 

のびのび子育て8か条

1 自己主張や反抗は当たり前。ひとりでやりたい意欲を大切にしてあげましょう。

2 食事・排泄・寝起き等生活習慣のしつけをそろそろ始めましょう。

3 発達には個人差があります。焦らず、慌てず、成長を見守って。

4 スキンシップやお話することは大切です。

5 身体を使って遊びましょう。戸外に出かけましょう。

6 誉め上手、叱り上手になりましょう。

7 困ったときは、一人で悩まずに相談しましょう。

8 育児支援サービスや育児の輪を積極的に利用しましょう。

 

1 歳6 か月

全身運動

○一人で上手に歩く。
○後ずさりができる。

手指の動き

○殴り書きができるようになる。
○2個の積木で塔を作る。

言葉

○「ママ」「ブーブー」等意味のある言葉をいくつか話す。
○絵本の中の犬や猫等を指差しで選べる。
○ミニカーを走らせたり、人形を抱いたり、食べるつもり等のふり遊びをする。

人間関係

○名前を呼ばれると「ハイ」と答える。

親と子のきずな ワンポイントアドバイス

○事故に気をつけましょう。
○1歳頃になると、手づかみで食事やおやつを盛んに食べるようになります。少し汚しますが前歯で噛み取らせて一口で食べられる量を覚えさせましょう。
○マンマ等の言葉が出始めます。お話をしてあげましょう。
○一緒に絵本等を見て遊びましょう。
○うまくできたとき誉めてあげ、やる気を育てましょう。
○親子のふれあいの時間を持てるよう、忙しい等の理由でテレビやビデオを長時間見せるのはやめましょう。
○乳歯の前歯が生え揃い、奥歯が生えてきて、虫歯ができやすくなります。機嫌の良いときに歯磨きの練習を始めましょう。
○長時間に渡り、おしゃぶりを使用すると歯並びや噛み合せが悪くなる場合があります。
 またおしゃぶりをくわえていると、お母さん・お父さんが声をかけたり、赤ちゃんが声を出す機会が減り、赤ちゃんとのコミュニケーションも少なくなります。おしゃぶりは早めに卒業しましょう。
 また歯並びや口・唇の形が心配な場合には、早めに歯科医等の専門家に相談するようにしましょう。

1 歳9 か月

全身運動

○しゃがんで遊ぶ。
○ひとりで一段ずつ足を揃えながら階段を上がる。

手指の動き

○コップで上手に飲む。
○あまりこぼさずスプーンを使う。

言葉

○自分の鼻、口、目、耳を指差す。
○「ちょうだい」「したい」等言葉を使って要求する。
○言葉の数が増えてくる。

人間関係

○母親等大人の仕事の真似をする。
○泣いている子の顔を撫でるなどの思いやりが芽生える。

親と子のきずな ワンポイントアドバイス

○事故に気をつけましょう。
○1歳頃になると、手づかみで食事やおやつを盛んに食べるようになります。少し汚しますが前歯で噛み取らせて一口で食べられる量を覚えさせましょう。
○マンマ等の言葉が出始めます。お話をしてあげましょう。
○一緒に絵本等を見て遊びましょう。
○うまくできたとき誉めてあげ、やる気を育てましょう。
○親子のふれあいの時間を持てるよう、忙しい等の理由でテレビやビデオを長時間見せるのはやめましょう。
○乳歯の前歯が生え揃い、奥歯が生えてきて、虫歯ができやすくなります。機嫌の良いときに歯磨きの練習を始めましょう。
○長時間に渡り、おしゃぶりを使用すると歯並びや噛み合せが悪くなる場合があります。
 またおしゃぶりをくわえていると、お母さん・お父さんが声をかけたり、赤ちゃんが声を出す機会が減り、赤ちゃんとのコミュニケーションも少なくなります。おしゃぶりは早めに卒業しましょう。
 また歯並びや口・唇の形が心配な場合には、早めに歯科医等の専門家に相談するようにしましょう。

2歳

全身運動

○ボールを蹴る。
○転ばないで上手に走る。

手指の動き

○1枚ずつページをめくる。
○円を真似て書く(閉じていなくても良い)。
○積木で汽車等の形を作る。

言葉

○「パパ、会社」など二語文で話す。
○「駄目」「違う」などの否定表現を使う。

人間関係

○写真を見て自分の顔を指差す。
○鏡に映った自分の顔が自分だと分かる。
○自分の物、友達の物を区別する。
○「自分でする」など自己主張が強まる。

親と子のきずな ワンポイントアドバイス

○なるべく外遊び、友だちとの遊びの機会を持ち、危険の無い場所で自由に遊ばせてあげましょう。
○怖いことで泣いた時等、抱っこ等して優しく受入れ、慰めてあげましょう。
○早寝・早起きや規則正しい食事等生活リズムを整えましょう。
○スプーンでは、まだこぼしますが、汚しても良いようにして自分でやらせてあげましょう。
○クレヨン等で殴り書きを楽しんだり、積木やブロックでも遊ぶようになります。
○オムツをとる練習は排泄のサインを見ながら焦らず、ゆっくり始め、叱らないようにしましょう。
○歯磨きは小さい時からの習慣づけが重要です。食後は家族みんなで歯磨きをして、仕上げ磨きが楽しくできる工夫をしましょう。

2歳6か月

全身運動

○上手投げでボールを投げる。
○その場でジャンプする。
○足を交互に出して階段を上がる。

手指の動き

○交差した2本又はそれ以上の線を書く。
○靴を履く。
○大人のように指でクレヨンを持つ。

言葉

○「これなあに」という質問が増える。
○年齢が二つということが分かる。

人間関係

○順番が分かる。
○砂場等同じ場所でもそれぞれに遊ぶ(平行遊び)ことが多い。
○物を何かに見立てて遊ぶ。

親と子のきずな ワンポイントアドバイス

○なるべく外遊び、友だちとの遊びの機会を持ち、危険の無い場所で自由に遊ばせてあげましょう。
○怖いことで泣いた時等、抱っこ等して優しく受入れ、慰めてあげましょう。
○早寝・早起きや規則正しい食事等生活リズムを整えましょう。
○スプーンでは、まだこぼしますが、汚しても良いようにして自分でやらせてあげましょう。
○クレヨン等で殴り書きを楽しんだり、積木やブロックでも遊ぶようになります。
○オムツをとる練習は排泄のサインを見ながら焦らず、ゆっくり始め、叱らないようにしましょう。
○歯磨きは小さい時からの習慣づけが重要です。食後は家族みんなで歯磨きをして、仕上げ磨きが楽しくできる工夫をしましょう。

3 歳

全身運動

○一瞬片足で立つ。

手指の動き

○垂直又は水平線を真似て書く。
○ボタンを外す。
○手を洗って拭く。
○ハサミで紙を切れるようになる。

言葉

○たくさん、少しが分かる。
○ごっこ遊びが長続きする。

人間関係

○離れている友だちを呼びに行く。
○遊び等「一緒にしよう」と言うことができる。

親と子のきずな ワンポイントアドバイス

○なるべく外遊び、友だちとの遊びの機会を持ち、危険の無い場所で自由に遊ばせてあげましょう。
○怖いことで泣いた時等、抱っこ等して優しく受入れ、慰めてあげましょう。
○早寝・早起きや規則正しい食事等生活リズムを整えましょう。
○スプーンでは、まだこぼしますが、汚しても良いようにして自分でやらせてあげましょう。
○クレヨン等で殴り書きを楽しんだり、積木やブロックでも遊ぶようになります。
○オムツをとる練習は排泄のサインを見ながら焦らず、ゆっくり始め、叱らないようにしましょう。
○歯磨きは小さい時からの習慣づけが重要です。食後は家族みんなで歯磨きをして、仕上げ磨きが楽しくできる工夫をしましょう。

« 病気のサインとアドバイス
支援制度 »

PC用サイト

ホームへ戻る

このページのトップへ