ヘッダーロゴ

トイレットトレーニングのポイントを教えてください。

しつけ

子どもの生理機能の発達にそって行うことが大切です。おもらしを厳しくしかるとかえって何度もトイレに行くようになるので、タイミングをみて「おしっこ は?」と聞いてみましょう。

排便の後始末は難しいので、一度拭かせてさらに親がやってあげましょう。子どもが便意を伝えたら、面倒くさがらずに一緒に行っ てあげましょう。

排泄の自立の目安としては、尿意を予告するのが1歳6ヶ月〜2歳ごろ、便意を予告するのが2歳6ヶ月〜3歳ごろ、自分で排尿・排便ができるようになるの が3歳6ヶ月〜4歳、自分で排泄の後始末ができるようになるのが4歳〜5歳です。

ただし、あくまで目安ですのであせらずに。おむつは「はずす」ものではな く「はずれる」ものなのですから。

PC用サイト

ホームへ戻る

このページのトップへ