子育てマップ北九州

母子(父子)家庭、寡婦とは [ひとり親家庭への支援]

■母子(父子)家庭

 配偶者と死別したり、離婚して現在も婚姻をしていない人が、20 歳未満の子どもを扶養している家庭をいいます。
 また、これに準ずる次の人も含まれます。

・配偶者の生死が明らかでない人
・配偶者から遺棄されている人
・配偶者が海外にあるため、又は、法令により長期にわたって拘禁されているため、その扶養を受けることができない人
・配偶者が精神的又は身体の障害により、長期にわたって働けない人
・婚姻によらないで母(父)となった人

■寡婦

 かつて母子家庭の母であった人で、子どもが成人したのちも、なお、配偶者のいない人をいいます。このような寡婦も、母子家庭に準じて福祉の制度を利用できるものがあります。

■監護と養育

○監 護

 主として精神面から児童の生活について配慮し、日常の衣食住等の面倒をしていることで、親権の有無、同居を必要要件としない関係のことをいいます。

○養 育

 児童と寝食をともにする同居を行い、原則として住民票を同じくしていることや収入・支出等の家計が同じである関係のことをいいます。

« 障害のあるお子さんへの支援
施設・団体のこと »
Copyright (C) 2010- 子ども家庭局総務企画課・運営 NPO法人子ども未来ネットワーク北九州 all rights reserved. ax