子育てマップ北九州

すまいのこと [ひとり親家庭への支援]

■母子生活支援施設(母子寮)

 18 歳未満の子どもを養育している母子家庭のお母さんが、生活上のいろいろな問題のため、子どもの養育が十分できない場合に子どもと一緒に入所する児童福祉施設であり、市内に2か所設置しています。施設では、職員がお母さんの相談に応じ、一緒に問題の解決を図り、家庭の自立へ向けた指導・援助を行います。
 また、子どもの健やかな成長のため、必要に応じて生活、学習指導を行ったり、各種行事を通して地域との交流を深めたりしています。

■住宅関係貸付制度

 母子家庭又は寡婦が住宅補修、増改築又は建設、購入するために必要な経費をお貸しします。対象となる住宅は本人が居住し、かつ原則として所有するものです。また、住居の移転に際し、敷金等必要な経費をお貸しします。

お問合せは区役所保健福祉課子ども・家庭相談コーナー

■市営住宅の住宅困窮者募集(母子・父子世帯)

 市営住宅の定期募集(6,8,10,2月)で、母子・父子世帯に対し一般抽選枠とは別に募集枠を確保する優先的な取扱いを行い、母子・父子世帯の住居安定確保を図ります。詳しい募集方法等は、下記へお問い合わせください。

お問合せは区役所市営住宅・市公社住宅相談コーナー

■優遇制度

○公共施設内への売店等の設置

 母子家庭の母や寡婦又は母子福祉団体が公共施設内に売店や食堂等を設置したい場合は、可能な限り優遇されることとなっています。

お問合せは区役所保健福祉課子ども・家庭相談コーナー

○たばこ小売店の許可

 母子家庭の母や寡婦が、たばこ店(小売販売業)を始める場合には、許可の基準を一部緩和しています。

お問合せは日本たばこ産業(株)福岡支店業務部へ
(☎ 092-714-7324)

○電話設置時の優遇措置

 市民税非課税世帯の母子家庭の母が電話を設置するときは施設設置負担金の分割払が認められます。

お問合せは各NTT窓口へ

○税の軽減

 母子家庭の母は、一般の基礎控除、扶養控除等のほか、一定の条件により寡婦控除の適用を受けることができる場合があります。

お問合せ税務署又は区役所税務課市民税係へ
区役所税務課市民税係

○JR通勤定期の割引

 児童扶養手当を受給している母子家庭や生活保護を受けている人は、JR通勤定期乗車券を3割引で購入できます。購入手続きは区役所保健福祉課で受けた証明書を購入する駅に提出します。

お問合せは区役所保健福祉課子ども・家庭相談係

○少額貯蓄非課税制度

 児童扶養手当、遺族基礎年金等の受給者は少額貯蓄非課税制度の適用が受けられます。

お問合せは各金融機関窓口へ

« くらしのこと
しごとのこと »
Copyright (C) 2010- 子ども家庭局総務企画課・運営 NPO法人子ども未来ネットワーク北九州 all rights reserved. ax