ヘッダーロゴ
« 施設・団体のこと
くらしのこと »

手当・年金のこと

■児童扶養手当

 児童扶養手当は、父又は母と生計を同じくしていない児童について手当を支給し、その家庭の生活の安定を図ることにより、児童の福祉の増進を目的としたものです。18 歳に達する日以後の最初の3月31 日(中程度以上の障害を有する場合は20 歳未満)までの児童がいる母子家庭又は父子家庭に支給します(所得制限あり)。
※ 受給するためにはお住まいの区役所保健福祉課で申請が必要です。
 また、この手当は年1回(毎年8月)引き続き受給資格があるかどうかの届け出(現況届)が必要です。

○対 象

①父母が婚姻を解消した児童
②父又は母が死亡した児童
③ 父又は母が障害の状態(年金の障害等級の1級程度)にある児童で公的年金加算対象となっていない児童
④父又は母の生死が明らかでない児童
⑤父又は母から1年以上遺棄されている児童
⑥父又は母が法令により引続き1年以上拘禁されている児童
⑦母が婚姻によらないで懐胎した児童
⑧母が児童を懐胎した当時の事情が不明である児童

○手当額 (平成24年4月から)

・支給対象児童1人のとき
  全部支給(月額)41,430 円
  一部支給(月額)41,420 円~ 9,780 円
 *所得額に応じて全部支給と一部支給があります
・支給対象児童2人のとき 5,000 円加算
・支給対象児童3人目以降1人につき3,000 円加算

○支給制限

 次のいずれかに該当する場合手当は支給されません。
① 手当を受けようとする者(父・母・養育者)が日本国内に住所を有しないとき
②対象児童が日本国内に住所を有しないとき
③ 対象児童が里親に委託されたり、児童福祉施設(母子生活支援施設、保育所、通園施設を除く)や少年院等に入所しているとき
④ 国民年金(老齢福祉年金を除く)、厚生年金、恩給等の公的年金給付を受けることができるとき
⑤父又は母が事実上の婚姻関係(内縁関係等)にあるとき
⑥ 平成15 年4月1日時点において、手当の支給要件に該当してから既に5年が経過しているとき
* 平成20 年4月から「児童扶養手当の受給から5年を経過する等の要件」に該当する受給資格者は、支給額の2分の1が支給停止となる場合があります。ただし、就業している等「適用除外の事由」に該当する場合には、届出書を提出することにより減額されません。

■災害遺児手当

 災害遺児の福祉の増進を図るもので、交通事故又は風水害、火災その他これらに類する災害により、死亡し又は重度の障害の状態となった父若しくは母又はこれらに準ずる者に監護又は養育されていた児童を養育する人に支給されます(所得制限あり)。

○手当額

 支給対象児童1人につき 月額4,000 円

お問合せは区役所保健福祉課子ども・家庭相談係

■国民年金(遺族基礎年金)

 遺族基礎年金は、原則として次の①~③に該当する人がなくなったときに、その人に生計を支えられていた子を持つ妻またはその子が受け取れる年金です。

* 子が18 歳未満(子が1・2級の障害をもつ場合は20 歳未満)の場合に受け取ることができます。
* 子が18 歳に達していても、18 歳に達した年度の3月まで受け取ることができます。

①国民年金に加入中であること
② 国民年金に加入したことがある人で、日本に住所があり60歳以上65 歳未満であること
③ 老齢基礎年金を受けているか、受け取れる資格期間を満たしていること
* ただし①及び②については、死亡した日の属する月の前々月までに保険料納付期間(免除・猶予期間を含む)が加入期間の2/3以上あるか、死亡した日の属する月の前々月までの直近1年間に保険料の滞納がないこと等の要件が必要です。

お問合せは区役所国保年金課年金係

■厚生年金(遺族厚生年金)

 厚生年金に加入していた人が亡くなったとき、その人によって生計を支えられていた妻や子等の遺族に、遺族基礎年金に上乗せして支給されます。ただし、遺族が、子のない妻、55 歳以上の夫、父母、祖父母等の場合は遺族厚生年金のみが支給されます。
* 夫の死亡時に30 歳未満で子を養育していない妻等に対する遺族厚生年金は、5年間の有期給付となります。

○支給要件

 原則として次のいずれかに該当するときにその遺族に支給されます。
①厚生年金に加入中の人が死亡したとき
② 厚生年金に加入していた人が、退職後、在職中に初診日のある病気やけがによって、初診日から5年以内に死亡したとき
③障害厚生年金(1級・2級)を受けている人が死亡したとき
④老齢基礎年金を受けているか、受けられる人が死亡したとき

お問合せは各年金事務所・年金相談センターへ
小倉北年金事務所
 小倉北区大手町13-3 ( ☎ 583-8340)
小倉南年金事務所
 小倉南区下曽根1-8-6 (☎ 471-5149)
八幡年金事務所
 八幡西区岸の浦1-5-5 (☎ 631-7962)
北九州年金相談センター
 八幡西区西曲里町2-1( ☎ 645-6200)
「年金をお受けになっている方、年金請求等ご相談」
ねんきんダイヤル(☎ 0570-05-1165)
※IP電話・PHSからは(☎ 03-6700-1165)
月~金  8:30 ~ 17:15
第2土曜 9:30 ~ 16:00

« 施設・団体のこと
くらしのこと »

PC用サイト

ホームへ戻る

このページのトップへ