ヘッダーロゴ
« その他
子ども・家庭全般のこと »

疾病と予防接種

疾病と予防接種.jpg

 

 

結核

疾病の内容
○結核菌の空気感染によって発症。
○国内では、毎年2万人を超える患者が発生しており、大人から子どもへ感染することも少なくない。
○結核に対する抵抗力は、母親からもらうことができないので、生まれたばかりの子どもも罹る場合も。
○全身性の結核症、結核性髄膜炎になることもあり、重い後遺症を残す可能性も。
予防接種

○BCGワクチン(生ワクチン)

 牛型結核菌を弱毒化してつくったワクチン。
管針法といってスタンプ方式で上腕の2か所に押し付けて接種。上腕以外の場所に接種するとケロイド等の副反応が出ることがあるので、絶対に避ける。
 接種場所は日陰で乾燥を。10分程度で乾燥。

対象者

生後6 か月未満
(できるだけ生後3か月~5か月までに)

○極めて稀に免疫不全の子どもが存在し、BCGを接種した場合、致死的なBCG感染症を生じさせる可能性あり。
○新生児期や生後1か月では診断できないことが多く、北九州市では生後3か月からの接種を勧めている。

回数
1 回
副反応
○接種10日後頃に接種局所に赤いぽつぽつ、一部に小さい膿が。4週間後頃に最も強くなるが、その後はかさぶたができて3か月後までには治り、小さな傷跡が残るだけに。これは異常反応ではなく抵抗力がついた証拠。そのまま清潔を保てば自然に治癒。ただし接種3か月後を過ぎてもじくじくしているようなときは医師に要相談。
○接種側の腋の下のリンパ節が稀に腫れることも。様子を見て構わないが、ただれ、大きな腫れ、稀に化膿も。このときは医師に要相談。
○既に結核に感染している子どもが接種した場合、接種後10日以内に接種局所の発赤、腫れ、化膿など強い反応が起き、2~4週間後に腫れがなくなることが。この反応が見られた場合は区役所保健福祉課に連絡した上で、速やかに医療機関で受診を。(コッホ現象)

ポリオ(急性灰白髄炎)

疾病の内容
○別名小児マヒ。
○ポリオウイルスはヒトからヒトへ感染し、感染した人の便中に排泄されたウイルスが口から入り、喉又は腸で増殖。感染しても殆どの場合は症状が出ず、一生抵抗力が得られるが、ウイルスが血液を介して脳や脊髄へ感染し、麻痺を起こすことも。
○ポリオウイルスに感染すると風邪のような症状が見られ発熱、続いて頭痛・嘔吐が出現。感染者のうち稀に麻痺を起こすことがあり、一部の人は永久に麻痺が残存。また呼吸困難で死亡することも。
予防接種

○ポリオワクチン(経口生ワクチン)

 Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ型の3つのタイプのポリオワクチンウイルスが混じったワクチンを飲むことにより、それぞれの型の抵抗力がつく。1回飲むだけでは、1つか2つの型だけの抵抗力しかつかないこともあるので、2回飲むことで1回目に抵抗力がつかなかった型に対する抵抗力ができる。ひどい下痢をしているとワクチンの効果が弱まるので接種を延期すること。

対象者
生後3 か月から7 歳6 か月未満まで
(できるだけ生後18 か月までに)
回数
2回
41日以上間隔
副反応
○ワクチンに使われているウイルスは弱毒化されており安全だが、服用後、体内でウイルスが増えるので、極めて稀な頻度だが、ウイルスが脳脊髄に達して麻痺を起こすことがあり。
○予防接種を受けた人からは、15~37日間(平均26日間)にわたってウイルスが便中に排泄される。このウイルスがポリオウイルスに対する免疫を持っていない人(ワクチン接種を受けていない人等)、又は抗体価の低い人に感染して、極めて稀な頻度だが、麻痺を起こすことがあり。

ジフテリア/百日せき/破傷風

疾病の内容

ジフテリア

○ジフテリア菌の飛沫感染によって発症。
○主に喉に感染。症状は高熱、喉の痛み、犬の吠える様な咳、嘔吐等で、喉に偽膜と呼ばれる膜が出来て窒息死することも。発病2~3週間後には心筋障害や神経麻痺を起こすことも。

百日せき

○百日せき菌の飛沫感染によって発症。
○普通の風邪のような症状で始まり、続いて咳がひどくなり、顔を真っ赤にして連続的に咳き込むように。咳の後、急に息を吸い込むので笛を吹くような音が出る。通常発熱は無し。
○乳幼児は咳で呼吸できず、唇が青くなったり、けいれんが起きることも。肺炎や脳症等の重い合併症を起こし乳児では死亡することも。

破傷風

○土の中にいる菌が傷口から体内に入ることによって感染。日本中どこでも土中に菌がおり感染する機会は常にあり。
○口が開かなくなったり、けいれんを起こしたり、死亡することも。

予防接種

○三種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風)
 DPTワクチン(不活化ワクチン)

 Ⅰ期として初回接種3回(20~56日間隔)、追加接種は初回接種3回終了後に6か月以上の間隔をおいて1回接種。なお、ジフテリア・百日せき・破傷風のいずれかに罹った子どもも三種混合ワクチン(DPT)を接種可。
 Ⅱ期として、11歳~13歳未満で二種混合(ジフテリア・破傷風)ワクチン(DT)で1回接種。
 回数が多いので接種漏れには注意。確実な免疫をつくるには、決められたとおりに受けることが大切だが、万一間隔が開いてしまった場合は、かかりつけ医に要相談。

対象者・回数

[1期]

 初回対象者‥‥生後3か月から7歳6か月未満(12か月までに接種したほうが効果的)
 初回回数 ‥‥3回 / 20〜56日間隔

 追加対象者‥‥生後3か月から7歳6か月未満(初回終了後12〜18か月後)
 追加回数 ‥‥1回

[2期]

 対象者  ‥‥11〜13歳未満
 回 数  ‥‥1回

副反応
○日本のワクチンは副反応の少ないワクチン。
○注射部位の発赤、腫れ、しこり等の局所反応が主だった副反応。
○しこりは少しずつ小さくなるが、数か月残ることがあり。
○通常高熱は出ないが、接種後、24時間以内に37.5℃以上の高熱になることが稀にあり。
○重い副反応はなくても、機嫌が悪くなったり、腫れが目立つとき等は医師に要相談。

麻しん(はしか)/風しん

疾病の内容

麻しん(はしか)

○麻しんウイルスの空気感染によって発症。
○潜伏期間約10~12日。主な症状は発熱、咳、鼻汁、めやに、赤い発しん。症状出現後3~4日は38℃前後の熱と咳と鼻汁、めやにが続き、一時熱が下がりかけたと思うと、また39~40℃の高熱、発しんが出ます。高熱は3~4日で解熱し、次第に発しんも消失するが、しばらく色素沈着が残る。
○合併症の主なものは気管支炎、肺炎、中耳炎、脳炎等。
○極めて稀に亜急性硬化性全脳炎(SSPE)という重い脳炎を発症することも。

風しん

○風しんウイルスの飛沫感染によって発症。
○潜伏期間約14~21日。主な症状は、軽い風邪症状で始まり、麻しんより淡い色の赤い発しん、発熱、首の後ろのリンパ節の腫れ等。その他、眼球結膜の充血等の症状も。子どもの場合、発しんも熱も3日程度で治ることが多く、三日ばしかと呼ばれることも。
○合併症として関節痛、血小板減少性紫斑病、脳炎等。大人になってから罹ると重症化する傾向が。
○妊娠早期に罹ると、先天性風しん症候群という病気により、心臓病、白内障、聴力障害等の障害を持つ赤ちゃんが生まれることも。

予防接種

○麻しん・風しん混合ワクチン(生ワクチン)

 麻しん及び風しんウイルスを弱毒化してつくったワクチン。1~2歳未満の間に麻しん又は風しんに罹る可能性が高いので、1歳になったらなるべく早く1期の予防接種を。
 麻しんと風しんの予防接種を同時に行う場合は、麻しん・風しん混合ワクチンを使用。麻しん又は風しんのいずれかに罹った子どもにも混合ワクチンの接種が可能。
 ガンマグロブリンの注射を受けたことがある子どもの接種時期については、かかりつけ医に要相談。
 3 ・4 期の接種は、平成24年度までの措置となっています。
 4~6月の間に接種を。

対象者・回数

[1期]

 対象者‥‥生後12 か月から生後24 か月未満(できるだけ早めに)
 回 数‥‥1回

[2期]

 対象者‥‥小学校就学前の1年間(幼稚園、保育所の年長児等)が対象
 回 数‥‥1回

[3期]

 対象者‥‥13 歳となる年度の1年間(中学1年生)が対象
 回 数‥‥1回

[4期]

 対象者‥‥18 歳となる年度の1年間(高校3年生)が対象
 回 数‥‥1回

副反応

[麻しん・風しん混合ワクチン]

○副反応の主なものは、発熱と発しん。その他としては、注射部位の発赤・腫れ、しこり等の局所反応、じんましん、リンパ節腫脹、関節痛、痙攣等。
○アナフィキラシー、血小板減少性紫斑病、脳炎等の副反応が稀に起こることも。

[麻しんワクチン]

○接種後5~14日に発熱、麻しん様の発しんが。通常は1~2日で消失。稀に熱性痙攣も。その他脳炎・脳症の発症も。

[風しんワクチン]

○ほとんど報告はないが、まれに血小板減少紫斑病。

日本脳炎

疾病の内容
○日本脳炎ウイルスの感染で発症。
○ブタ等の動物の体内でウイルスが増えた後、その動物を刺した蚊等がヒトを刺すことによって感染。
○潜伏期間7~10日。高熱、頭痛、嘔吐、意識障害、けいれん等の症状を示す急性脳炎に。
予防接種

○日本脳炎ワクチン(不活化ワクチン)

 細胞でウイルスを増殖させ、ウイルスを不活化し精製したワクチン。平成23年5月の法令改正により、平成7年6月1日から平成19年4月1日生まれの方は特別対象者として、4歳から20歳未満まで、無料で接種できる。
 詳しくは、かかりつけ医や各区役所保健福祉課課まで。

対象者・回数

[1期]

 初回対象者‥‥生後6 か月から7 歳6 か月未満(標準3歳)
 初回回数 ‥‥2 回6~ 28 日間隔

 追加対象者‥‥生後6 か月から7 歳6 か月未満(初回終了後11 ~ 13 か月後)
 追加回数 ‥‥1回

[2期]

 対象者‥‥9 ~ 13 歳未満
 回 数‥‥1回

« その他
子ども・家庭全般のこと »

PC用サイト

ホームへ戻る

このページのトップへ