ヘッダーロゴ
« 予防接種の種類と特徴
予防接種と副反応 »

予防接種の有効性

 予防接種は、その病気にかからないことを目的にしていますが、受ける人の体質、そのときの体調等によって抵抗力(免疫)がつかないこともあります。抵抗力がついたかどうか知りたい場合には、血液をとって、血中の抗体を測定する方法もあります(有料)。
 また、不活化ワクチンでは、長期に抵抗力を保つためには、一定の間隔で追加接種が必要です。

« 予防接種の種類と特徴
予防接種と副反応 »

PC用サイト

ホームへ戻る

このページのトップへ