子育てマップ北九州

住宅 [生活の支援]

市営住宅の住宅困窮者募集
 
年長者世帯、障害者世帯、母子・父子世帯、多子世帯、年長単身者、障害単身者、DV単身者については、6月、8月、10月、2月の定期募集で市営住宅の一般の申込みのほかに別枠で申込みができます。
 なお、市営住宅への申込みは所得制限があります。
 また収入が激減したときなど家賃の減免制度があります。(暴力団員は市営住宅に入居できません)
 ※聞き取りが必要なため、窓口のみの受付となります。
  (郵送・インターネットでの受付は行っていません。)

〇対象者・要件
 障害者世帯、年長者世帯、母子・父子世帯、多子世帯、障害単身者、年長単身者、DV単身者が対象。
 母子・父子世帯向けの要件は、一般世帯の世帯構成要件(原則として夫婦または親子を主体とした世帯構成)を満たし、配偶者のない女子(または男子)と現に扶養している満20歳未満の子を含む親族で構成される世帯。
 多子世帯向けの要件は、一般世帯の世帯構成要件を満たし、現に扶養している満18歳未満の子を3人以上含む親族で構成される世帯。
 詳しくは、「北九州市営住宅申込資格案内書」に記載していますので、各区役所市営住宅相談コーナー又は、北九州市住宅供給公社へお尋ねください。

〇詳しくは
 区役所市営住宅・市公社住宅相談コーナー又は北九州市住宅供給公社管理第二課
 http://www.jkk-kitakyushu.jp/kanri-2/index.html

住居確保給付金【生活困窮者自立支援事業】
 
離職などにより住居を失った方、または失うおそれの高い方には、就職に向けた活動をするなどを条件に、一定期間、家賃相当額を支給します。
 生活の土台となる住居を整えた上で、就職に向けた支援を行います。
 ※一定の資産収入等に関する要件を満たしている方が対象です。

〇対象者・要件
 経済的にお困りの方 

〇詳しくは
 区役所保健福祉課「いのちをつなぐネットワーク」コーナー
 http://www.city.kitakyushu.lg.jp/ho-huku/file_0477.html

住宅資金、転宅資金(母子・父子・寡婦福祉資金)【ひとり親】
〔住宅資金〕 
 住宅補修、増改築又は建設、購入するために必要な経費をお貸しします。本人が居住し、かつ原則として保有する住宅が対象となります。
〔転宅資金〕
 住居の移転に際し、敷金など必要な経費をお貸しします。
 ※申請の前に、契約や支払をされた場合は貸付の対象となりませんので、お気をつけください。

〇対象者・要件
 ・母子家庭の母、母子家庭の父で20歳未満の児童を扶養している人、又は児童本人
 ・父母のいない20歳未満の児童
 ・かつて母子家庭の母として児童を扶養していたことのある人、又はその扶養にある子
 ・子を扶養していない配偶者のない40歳以上の女子

〇詳しくは
 区役所子ども・家庭相談コーナー
 http://www.city.kitakyushu.lg.jp/ko-katei/file_0161.html

 
 

« 相談
その他生活 »
Copyright (C) 2010- 子ども家庭局総務企画課・運営 NPO法人子ども未来ネットワーク北九州 all rights reserved. ax